専門学校経由の保育士資格取得

保育士資格を取る方法は2パターンあります。
1つは、厚生労働大臣指定の大学や短大・専門学校に進学し、その課程を修了すること、もう1つは、国家試験である保育士試験を受験し合格することです。


学校に通う方が取得までに時間と費用がかかるものの、単位を取得できれば卒業と同時に資格を取得できるというメリットがあります。

あなたに合った保育士の専門学校情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

その中でも、専門学校はほぼどの学校も2年で卒業となり、4年制大学に比べると時間短縮で夢へと近づけます。
期間が短いのですから学費も安くて済みます。
幼稚園教諭2種など保育士資格以外の資格を同時に取得することもできます。

Yahoo!知恵袋で快適な暮らしを実現しましょう。

ただ、たった2年ですべての知識と技術を学ばなければならないため、忙しいです。社会人や主婦には難しいでしょうし、それなりの覚悟を持って入る必要はあります。
専門学校でも、文科省や厚労省指定校であればいいのですが、併修校の場合は通信制短大を併修しないと単に卒業しても資格は取得することができません。
少し面倒な点があるので注意してください。



専門学校の場合は就職してすぐに役立つ知識や技術を習得することができます。


入学してさっそく実習を行なうという学校もあるくらいです。

即戦力になれるため、就職の際に有利でしょう。

学校によって差はあるものの、入学金が25万ほど・授業料40万ほど・施設維持費や運営費として10万ほどかかり、さらに実習費やテキスト代がかかるので、年間90万円前後は用意しておく必要があります。